中小企業支援

議事録作成

株主ごとに異なる取り扱いをする方法、属人的定め、種類株式との違いは

株主ごとに異なる扱いをしたい場合にはどうしたら良いのか 株式会社は、株主が有する株式の内容及び株に応じて平等に取り扱わなければなりません。 基本的には、特定の株主にのみ、異なる取り扱いをすることはできませんが、非公開会社であれ...
議事録作成

自己株式の取得をするにはどうすれば良いのか

中小企業は、上場企業と違い購入できる株式市場がありません。 そのため、株主との合意によって自社発行の株式を取得することができます。 株式会社が自社株を購入する時の流れ 株式会社は、株主との合意により自己株式を取得すること...
中小企業支援

株式に譲渡制限がある株式を譲り受けた場合どうするか

譲渡制限がある株式の譲渡 基本的に株式の譲渡は自由のはずですが、家族経営の中小企業などでは、株式を第三者に譲渡させることを望まないケースもあり、そういった場合には、株式に譲渡制限を付けます。 譲渡制限付き株式を他人に譲渡する株...
中小企業支援

株主総会で会社を解散させたいときの手続きと清算人

株式会社は解散事由が発生した場合には、解散をします。 解散事由の中でも、一般的には株主総会の特別決議で解散させることが多いかと思います。 そして、株主総会の決議で解散とその解散の手続きをする清算人の選任を同時に行うことが通常で...
中小企業支援

会社を自主的にやめるときの手続き会社の解散・清算

現在、新型コロナウィルスの影響で、倒産する前に、自主的に会社をやめたい(解散・清算結了)というお客様の相談を受けることがあります。 借金があり、債務を支払うことができず、破産をする場合には、破産管財人を選任して手続きをするため、今回...
議事録作成

会社の株を不特定多数に渡さない方法

会社の株式を親族以外が取得できないようにする 現在の会社法では、親族のみで経営することも認められているため、株式を親族以外の第三者に譲渡させたくないと考える経営者の方もいらっしゃるかと思います。 そういった場合は、株主総会で全...
議事録作成

支店を設置(廃止)したときどうしたら良いか

前回の記事では、本店を移転させる時の議事録の作成方法を解説させていただきましたが、今回は支店を設置する時の議事録の作成方法を解説していきたいと思います。 株式会社で支店を設置する場合 会社が大きくなり、本店以外の営業拠点が必要...
議事録作成

本店を移転させる場合の議事録の書き方

前回の記事では、商号と公告方法を変更する時の議事録の作成方法を解説させていただきましたが、今回は本店を移転させる時の議事録の作成方法を解説していきたいと思います。 会社の引っ越しをしたい(本店移転) 定款では会社の所在地が必ず...
議事録作成

会社名と公告方法を変更する時の議事録の作成方法

前回の記事では、会社の目的を変更する時の議事録の作成方法を解説させていただきましたが、今回は商号と公告方法を変更する時の議事録の作成方法を解説していきたいと思います。 社名(商号)を変更したい場合は 株式会社の定款...
議事録作成

会社の目的を変更する時の議事録の作成方法

新しい事業を始める前に目的を変更する必要がある 株式会社では定款で会社の目的を定めておかなければなりませんが、事業をしていくうえで、新しい事業を始めることがあると思います。 会社は定款の目的に記載がある事項以外の事業ができない...
タイトルとURLをコピーしました