建設業

建設業

役員でないものが、経営業務の管理責任者となれるか

経営業務の管理責任者として認められる地位とは 経営業務の管理責任者は、法人である場合には役員のうち、常勤である者のうち1人が、個人である場合には、本人または支配人のうち1人が、建設業の経営業務について一定の経験を有することが必要です...
建設業

経営業務の管理責任者に求められるもの海外の経験でも良いのか

経営業務管理責任者になるための経験 建設業を営む上で、経営業務の管理責任者が必要となりますが、経営業務管理責任者になるためには、営業取引上対外的に責任ある地位にあって、建設業の経営業務について総合的に管理した経験が必要となってきます...
建設業

建設業の許可票とは決まりはあるのか

建設業の許可票とは何か 建設業の許可票とは、建設業許可を受けた者が一定事項を記載して、営業所や建設工事の工事現場に提示しなくてはならない標識の事です。 許可票を提示することで、建設業法による許可を受けた適法な業者だと対外的に証...
建設業

建設業の許可を取得するために必要な誠実性、財産的基礎、欠格事由

前回のブログで、経営業務の管理責任者、専任技術者の要件について解説しましたが、今回はその他の要件を解説していきたいと思います。 請負契約に関して誠実性があること 許可を受けようとするものが法人の場合は、その法人や役員、支店長な...
建設業

建設業の許可を取得するために必要な条件とは

建設業許可の要件とは 軽微な建設工事のみを請け負っている場合は、建設業の許可は不要ですが、下記に該当する場合には、建設業許可が必要となります。 1.建築一式工事は、1件の請負代金が1,500万(消費税及び地方消費税を含む)未満...
建設業

一般建設業許可、特定建設業許可とは何が違うのか

一般建設業許可と特定建設業許可とは 建設業許可には、一般建設業許可と特定建設業許可の2種類があります。 軽微な建設工事のみを請け負っている場合は、建設業の許可は不要ですが、基本的には、一般建設業許可が必要です。 発注者か...
建設業

県外の仕事を請け負う場合は大臣許可が必要なのか

国土交通大臣許可と都道府県知事許可とは 建設業許可には2種類あって、国土交通大臣許可と都道府県知事許可があります。 許可の違いは、営業所が2つ以上の都道府県にある場合は、大臣許可が必要で、営業所が1つの都道府県にある場合には、...
建設業

建設業とは、建設業を始めるには許可が必要

建設業法とは 建設業法とは、建設業を営む者が守らなければならない法律です。 建設業法では、建設業の許可や、建設工事の請負契約、施工技術の確保などのルールが規定されています。 建設業法を守らないと監督処分や罰則があります。...
タイトルとURLをコピーしました