相続とは

相続とは、身近な方が亡くなり、その人に帰属していた一切の権利義務を相続人へ承継させる制度の事を言います。

相続が発生すると、その人が所有していた現金、有価証券、不動産などの財産などの権利と借金などの負債を含めた義務全てを相続人が承継することになります。

相続手続き

被相続人の一切の権利義務を相続人が承継することは述べましたが、具体的な相続手続きはどうやって行うのでしょうか。

まず、相続が発生した後に相続人を確定するため、被相続人の出生から死亡までの戸籍を取得して相続人の調査を行います。
それと並行して、遺言の有無の確認と財産の調査を行います。

相続人の財産は、不動産、車、有価証券、現金などですが、不動産の登記簿謄本、評価証明書、残高証明書などの書類を取得して調査を行います。
借金がある場合には、借金も相続するので、注意してください。

相続人と相続財産を調査した後に、遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成して、相続人全員の実印を押印してもらいます。(印鑑証明書も添付)

主な手続きの流れ
相続人調査→相続財産調査→遺産分割協議書作成→各相続人で名義変更の手続き

相続業務

相続業務は、法的紛争段階にある事案や、税務・登記申請業務を除いて、遺産分割協議書や相続関係説明図等の書類作成を中心に、その前提となる調査も含め、お引き受けすることができます。
調査とは亡くなった方の戸籍を集め相続人を確定して、財産を調査し、その財産を、誰に相続させるのかを話し合います。そして話し合った内容で遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書を作成しないと、凍結された口座から、お金をおろせなかったり、不動産や自動車の名義が変更できないなど、様々なデメリットがあります。

一旦相続手続きで揉めてしまうと手続きが滞り、最終的に調停や裁判を行うことになります。
そうなると、弁護士費用と時間を費やし、結局時間と費用を費やした以上の結果を得られないこともあります。

行政書士は相続人間で争いが生じた場合は、手続きを行うことができませんが、相続人間で特に揉めておらず、手続きだけを行って欲しいという場合には、弁護士に依頼するよりも安く手続きを行う事ができることが多いです。

当事務所では、司法書士事務所など様々な士業事務所と提携をしており、専門家同士で連携して相続手続きを行っております。

相続手続きのながれ

①面談(ご希望があれば、お電話や、ZOOMなどで非接触で対応します。)

1.お客様に相続の流れを説明します

2.お客様と面談し聞き取りをします

3.見積書を作成します

4.ご依頼いただくことになりましたら、契約をします

5.着手金若しくは報酬・預り金をいただき、基礎調査をします

②基礎調査

1.相続人調査(相続人の確定、必要書類の収集)

2.相続財産の調査(戸籍謄本、登記簿謄本)
※当事務所ではお客様の選択によって必要な書類を取得しますので、財産を調査する内容は個別に判断させていただきます。

③遺産分割協議書の作成・法定相続証明情報制度活用

(1)一覧図を作成して法務局へ提出

(2)遺産分割協議書の文案の作成をします

(3)調査をご報告して遺産分割協議書(文案)の説明をします

(4)相続人の方々で協議します

(5)協議が成立後遺産分割協議書の作成

(6)遺産分割協議書に記名押印していただく

(8)相続人の方々から書類をいただきます

(9)各相続人で名義変更を行う

報酬

相続業務 遺産分割協議書作成 パック
(戸籍の収集、法務局への一覧図作成と提出、遺産分割協議書の作成)
22万円(税込み)~
相続人の人数などで費用が変わります
実費は別途必要となります

相続業務では法律で手続きに期限があるものが多く、お客様どうしようか悩んでいる間に期限が来てしまうものもあります。
早い段階で、お問い合わせフォームから、初回相談料無料の行政書士青嶋事務所にご相談ください。