2021-03

契約書作成

契約書作成で重要な署名押印、実印を押印する意味とは

契約書に署名押印をする意味とは 契約書は、お互いどんな約束をしたかを証明する大切な書類ですので、お互いが合意したことを確認するために、契約書の末尾では当事者が署名(記名)・押印を行います。 署名押印をせず、契約書をただ作成した...
契約書作成

契約書を作成することで客観的な証拠になり裁判でも重要な証拠になる

契約書とは、簡単に説明すると当事者がいつどんな約束を誰としたかを記載してある書類です。 ビジネスの世界でも、商慣習などで、契約書を作成しないで口頭の約束で動いている業界もありますが、契約書を作成しておかないと、どんな約束をしていたか...
相続

空き家を放置して勧告を受けると固定資産税等の住宅用特例の対象から除外される税金が高くなる

固定資産税の住宅用特例とは土地に対する固定資産が課税される年の1月1日において、住宅やアパートなど、人が居住するための家屋の敷地として利用されている土地については特例措置があり、税金が軽減されるという制度です。 空き家を放置して管理...
遺言

相続問題とは再婚をしたが前妻の子供がいる場合にはどういった遺言を書いたら良いのか

相続人が多く関係が複雑な場合の遺言書の書き方 相続手続きの際に、相続人や関係人が少なければ、相続争いがおきる可能性が低いですが、家族関係が複雑だと、財産を持っている者が亡くなると、相続争いが起こる可能性があります。 そのため、...
議事録作成

株主ごとに異なる取り扱いをする方法、属人的定め、種類株式との違いは

株主ごとに異なる扱いをしたい場合にはどうしたら良いのか 株式会社は、株主が有する株式の内容及び株に応じて平等に取り扱わなければなりません。 基本的には、特定の株主にのみ、異なる取り扱いをすることはできませんが、非公開会社であれ...
議事録作成

自己株式の取得をするにはどうすれば良いのか

中小企業は、上場企業と違い購入できる株式市場がありません。 そのため、株主との合意によって自社発行の株式を取得することができます。 株式会社が自社株を購入する時の流れ 株式会社は、株主との合意により自己株式を取得すること...
中小企業支援

株式に譲渡制限がある株式を譲り受けた場合どうするか

譲渡制限がある株式の譲渡 基本的に株式の譲渡は自由のはずですが、家族経営の中小企業などでは、株式を第三者に譲渡させることを望まないケースもあり、そういった場合には、株式に譲渡制限を付けます。 譲渡制限付き株式を他人に譲渡する株...
相続

特定空家等に行政が行う具体的な措置とは

特定空家等に対しては、所有者の財産権を制約しますので、4つの手続きを行う必要があります。 今回の記事では手続きの種類や内容手順に関して解説していきたいと思います。 特定空家等に対しての手続き 市区町村長は、特定空家等の所...
相続

空き家に最終的に行政が行う代執行とは

行政が代わりに空き家を除去する代執行とは 空き家の解決は、基本的に相続手続きを行い、相続人を確定して、遺産分割協議を行い、空き家やその他の相続財産の権利を確定してから、取り壊すなり、買主が見つかれば、売却をして空き家を処分することに...
相続

空き家の所有者と管理者の責任

空き家の所有者は誰になるのか 空家特措法上の所有者等とは、空家等の所有者又は管理者の事をいいます。 相続を放置した場合には、その相続人が所有者となります。 管理者とは、賃借人や相続財産管理人、成年後見人などの事をいいます...
タイトルとURLをコピーしました