2020-10

建設業

県外の仕事を請け負う場合は大臣許可が必要なのか

国土交通大臣許可と都道府県知事許可とは 建設業許可には2種類あって、国土交通大臣許可と都道府県知事許可があります。 許可の違いは、営業所が2つ以上の都道府県にある場合は、大臣許可が必要で、営業所が1つの都道府県にある場合には、...
中小企業支援

臨時株主総会とは、議事録の作成の仕方

臨時株主総会議事録とは 前回定時株主総会の解説をしましたが、今回は臨時株主総会の解説をさせていただきます。 定時株主総会は、毎事業年度の終了後、一定の時期に定時総会を招集しなくてはなりませんが、臨時株主総会は必要が...
生前契約

見守り契約で孤独死を防ごう

高齢者社会で怖い孤独死 民間の調査会社の資料で、死後2日以上経過してなくなっている方は2011年の時点で、日本で年間2万6千人というデータがあり、一人暮らしの高齢者の方々は、孤独死が怖いと不安になっている方もいるのではないでしょうか...
事業承継

財務状況と株主の確認をして事業承継をスムーズに行う

会社の財務状況などを確認する 事業承継をする際に、自社の財産や株主構成を確認する必要があります。 特に第三者に会社を譲渡する際には、決算書などの資料を第三者に見せることもあるので、会社を譲渡する前に、財務体質を改善しておく必要...
在留資格ビザ(VISA)

在留資格とは在留資格の種類と解説

在留資格とは 在留資格とは、日本に在留する外国人が、一定の活動を行う事ができる法律上の地位、または地位に基づいて、日本に在留して活動することができる法律上の地位の事をいいます。 在留資格がないと、日本で活動をする資格がないため...
建設業

建設業とは、建設業を始めるには許可が必要

建設業法とは 建設業法とは、建設業を営む者が守らなければならない法律です。 建設業法では、建設業の許可や、建設工事の請負契約、施工技術の確保などのルールが規定されています。 建設業法を守らないと監督処分や罰則があります。...
中小企業支援

事業承継の具体的な準備のやり方財産の把握(不動産)

事業承継の具体的な準備 事業承継をするためには、様々な準備を行わなくてはなりませんが、まず外部の専門家などに承継状況に相談を行ってください。不動産や株の譲渡には税金が関係するので税理士、許認可の申請や具体的な書類作成は行政書士に合併...
議事録作成

定時株主総会とは株主総会議事録の作成方法

株式会社で作成する議事録には様々な種類があり、何がどう違うのか良く分からない方もいらっしゃると思います。 今回は、事業年度の終了後に必ず行う定時株主総会について解説します。 この記事をご覧いただければ、定時株主総会の議事録が作...
事業承継

事業承継をするとき金融機関との関係はどうすれば良いのか

金融機関との関係をどうすれば良いのか 会社が事業を行うときは、多額の資金が必要となるため、一般的に金融機関から借り入れを行い、事業をしているかと思います。 そのため、事業を継続する際には、金融機関との関係性がとても大事で、後継...
中小企業支援

第三者に会社を売却M&Aとはメリット、デメリットやり方

第三者に事業を譲渡する場合M&Aのやり方 親族や役員、従業員や取引先や金融機関から良い人材の紹介がない場合は会社を、同業他社などに売却する方法があります。 M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略称で...
タイトルとURLをコピーしました