2020-08

相続

財産を増加させた場合や介護看護した場合は財産は多くもらえるのか

寄与分とは 寄与分とは、亡くなった方の財産の維持または増加について、特別に貢献した相続人がいる場合に、他の相続人と同じ扱いをするのは、不平等なので公平を図るため、貢献した人に実際の相続分より多く財産を取得させる民法の規定です。 ...
遺言

遺言は何歳から作れるのか、どんな種類があるか

遺言書をなぜ作成するのか 自分が亡くなった時に争いにならないように事前に、遺言書を作成しようとする人が、増えているように思います。遺言書は自分が亡くなった後に、相続人間で争うことを避けるためにとても有効です。遺言とは、自分が亡くなっ...
相続

特別受益とは相続開始前に特別に財産をもらっていた場合

前回は遺留分について簡単に解説させていただきました。 今回は、相続人の中に、家や高価な車などを生前に贈与を受けていた場合に、生前に何ももらっていない相続人と不公平をどうやって解決するかを記載します。 その場合は、特別受益として...
相続

遺言書があっても相続人は保護される。遺留分とは何か解説

遺言書で権利を侵害された場合 遺留分が何故あるのか 相続の手続きで、遺言がある場合とない場合とでは、手続きが変わります。 遺言書がない場合は、基本的に相続人で話し合いをして、内容に折り合いがつけば、遺産分割協議書に相続人が署名...
相続

相続放棄以外の放棄はあるのか、遺留分の放棄、相続分の放棄、遺贈の放棄のやり方

前回の記事で、相続放棄の解説をしましたが、その他の放棄もありますので、その解説をさせていただきます。 遺留分の放棄とは 遺留分とは、簡単に言うと、亡くなった人が有していた財産について、一定の割合を法定相続人に保証するというもの...
相続

借金があって相続したくない場合、相続放棄のやり方

行政書士が、相続放棄のやり方など、流れを解説します。
相続

法定相続人の範囲、相続人、遺言書がない場合の相続は

人が亡くなった場合、亡くなったかたの財産などは、誰にどのように相続されるのでしょうか 相続の開始 身内の方が亡くなった時、遺言書がない場合、財産などは相続人が承継することになります。遺言書などがなくても、民法の規定で財産を取得...
相続

身内の方が亡くなった後に役所に提出する書類一覧

人が亡くなった後にどのような書類をどんな機関に提出すればよいのでしょうか、行政書士が主要なものを一覧にしました。
NPO法人

NPO法人定款変更に必要な書類作成とその手続きの流れ

行政書士が、NPO法人定款変更に必要な書類作成とその手続きの流れを解説させていただきます。東京都新宿区にある行政書士青嶋事務所
相続

相続手続きの流れ、人が亡くなったらどうすればいいのか

身近な人が亡くなった場合どうすればよいか、わからず途方にくれますが、法律の手続きには期限があります。具体的にどういう手続きをすればよいのかを行政書士が解説致します。
タイトルとURLをコピーしました