契約書作成で重要な署名押印、実印を押印する意味とは

契約書に署名押印をする意味とは

契約書は、お互いどんな約束をしたかを証明する大切な書類ですので、お互いが合意したことを確認するために、契約書の末尾では当事者が署名(記名)・押印を行います。

署名押印をせず、契約書をただ作成しただけでは意味はありません。

お互いが契約書の内容に合意をしているという意思の確認のため契約の末尾などで署名(記名)・押印を行うのです。

広告

署名押印をすればなんでもよいのか実印の意味

先ほど、契約書は作成しただけでは意味がなく、契約書の内容をお互い合意したという意思がなければ意味がありません。

民事訴訟法で、私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定するという文言があります。

真正という意味は、文章が作成者の意思に基づいて作成されたということを意味します。

そのため、上記の事を証明できれば、認印や署名だけでも良いのです。

広告

何故実印を押すのか

皆さんも家を買うときに、不動産の売買契約書や銀行などの書類には実印を押印するのが通常だと思います。

お互い合意したことを証明できればよいのだとしたら、署名だけでもいいのではないかと思われるのではないでしょうか。

銀行などが重要な書類に実印を押させるのには理由があるのです。

それは、判例で、文章上の印影が本人の印章によるものであることが証明されれば、本人の意思に基づく押印であるとの事実上の推定を受けるからです。

これは、文章上の印影が本人の使用する印章と一致することを証明できれば、事実上の推定と法律上の推定がされ、強い証明となるのです。(偽造でないことなどを証明しやすい)

そのため、重要な書類には実印を押印して、印鑑証明書を添付するのです。

広告

押印のない契約書はどうなるのか

契約は法律で定められているもの以外は、お互いの合意で成立するため、それを証明できれば押印がなくても契約は成立します。

押印はあくまで本人の意思で契約に同意したことを間接的に証明するための手段でしかないため、合意を証明できれば、仮に押印がなくても契約は無効になったりはしません。

ただ最低限お互いが合意したという証明は必要なため、署名はさせるようにしてください。

まとめ

契約書を作成する際に重要なのは契約当事者の意思に基づき作成されているか否かが重要となり、それを証明するため、契約当事者は署名・押印をするのです。

実印を押印する意味は、簡単に言えばより強い証拠にするためと考えていただければわかりやすいと思います。

法律用語はよくわからない言葉も多くあり、企業の担当者が契約書を作成できないケースもあるかと思います。

そういった場合は早めに行政書士などの専門家に相談することをお勧めいたします。

※手続きでご不明点がございましたら、是非当事務所に下記の問い合わせフォームからご相談ください
記事の内容は一般的な内容となっており、個別具体的な案件によっては結論が異なることもございます。
そのため、ご自身でお手続きをする際は、自己責任でお願い致します。