青嶋 雄太

相続

実家を相続したらどうすればいいか、空き家の管理方法

実家を相続したり、転勤など様々な理由で使用していた物件を使用しないことがあると思います。 使用していた物件に戻らないようであれば、売却を進めるのも良いですし、一時的に使わないのであれば、賃貸に出す方法もあります。 今回は、実家...
相続

養子に行った子供は実の親の相続人になるのか

相続が始まったらどうするか相続人を確定する手続き 相続が発生したら法定相続人を確定する必要があります。 相続人を全員確定するには、被相続人(亡くなった方)の出生から亡くなるまでの全ての戸籍を取得する必要があります。 戸籍...
相続

相続手続きを行う際の相続財産の探し方と調査方法

身近な方が亡くなり、相続手続きをする際に、相続財産が何処に、どれだけあるか、わからないことが多いです。 相続が発生した際に、相続財産をどのように探したらよいのか、簡単に解説をさせていただきます。 広告 (ad...
相続

不動産を共有で所有する問題点

親御さんなどが亡くなり、相続手続きで、深く考えず所有する不動産などを共有名義にしてしまうことがありますが、今回は相続人全員で不動産などを共有する問題点を解説していきたいと思います。 遺産分割協議を行わず相続人全員で共有する問題点 ...
相続

認知症対策や相続対策になる家族信託とは

認知症になった場合は所有する財産の管理はどうなるのか 遺言書の作成や、遺産分割で判断能力が問題となることが多くあります。 遺言書を作成したり、自分が所有している財産を管理したりするには、本人に判断能力(事理弁識能力)が必要とな...
相続

遺言書と違う内容で遺産分割をすることができるか

身近な方が亡くなり、相続手続きを始めていたが、自宅から遺言書が見つかった場合は、基本的に遺言書の内容に沿って、遺産分割をすることになりますが、相続人全員が別の内容で遺産分割協議をやり直したいと思った場合でも、必ず遺言書の通りに相続財産を分...
相続

遺産分割協議をするうえで忘れがちな相続財産、家財道具や火災保険、入院給付金について

身近な方が亡くなり、相続が発生すると相続人で財産を共有している状態となります。 それを解消するために、遺産分割協議を行い相続財産を共有状態から単独所有に変更します。 その話し合いを文章として残したものが、遺産分割協議書です。 ...
在留資格ビザ(VISA)

日本に在留している外国人同士が日本で結婚する場合

日本で知り合った外国人同士が結婚したい場合にはどうすれば良いのでしょうか。 日本では婚姻の方式は、各当事者の本国法または婚姻挙行地の法律によるとされます。 日本にする外国人が日本で知り合い、結婚する場合は、各当事者の本国法によ...
相続

空き家を処分するときに注意すること、解体費用と抵当権

空き家の管理と解体 空き家を所有するものは、空き家をきちんと管理しなければなりません。元々自分の所有物件で、何らかの事情で空き家になってしまった場合や、実家を相続したあとに、管理が行き届かなくなり、空き家となってしまったり、様々なケ...
在留資格ビザ(VISA)

外国人が日本人と結婚する時は、どういう手続きをとるのか

日本人と外国人が結婚した場合にどういう手続きをすればよいのか 日本人と外国人が婚姻をする場合には、実質的要件と形式的要件がなくては婚姻が成立しません。 実質的要件とは、婚姻を有効に成立させるための実態的な要件のことで、婚姻がで...
タイトルとURLをコピーしました