空き家手続き

空き家手続きについて解説をしています

空き家手続き

空き家を相続したらどうしたらいいのかデメリットや原因 管理責任や所有者について

実家を相続したり、転勤など様々な理由で使用しない事もあります。 空き家になる前に、売却したり、一時的に使わないなら、賃貸に出す方法もあります。 空き家を放置すると特定空家等となる可能性もあるため、なるべく早く、対策が必要があります。
空き家手続き

マンション、アパートに空き部屋がある場合の対策と管理

空き家を思い浮かべるときに一軒家を思い浮かべる方がおお今もしれませんが、空き家といってもマンションやアパートなどの一室が長い間空室となり、管理が行き届いていない事があります。賃貸であれば、貸主が対応するかと思いますが、個人がマンションの一室...
空き家手続き

空き家の所有者の調査方法と所有者が法人の場合

登記簿謄本を取得すれば、誰でも所有者を調査することができます。空き家の周辺にいる住民の方も、法務局で登記簿謄本を取得すれば、空き家の所有者を調べることができます。所有者が法人名義で営業をしておらず、所有物件が放置され手続きがされていないこと...
空き家手続き

空き家の所有権を放棄することは可能なのか

所有していた建物を何らかの理由で使用しなくなって、買主や借主が中々見つからず、そのまま放置してしまい空き家になってしまう事があります。相続をした場合などでも、相続人に別の生活があるため、実家を相続しても使用せず空き家となってしまうこともあり...
空き家手続き

実家を相続したらどうすればいいか、空き家の管理方法

実家を相続したり、転勤など様々な理由で使用していた物件を使用しないことがあると思います。使用していた物件に戻らないようであれば、売却を進めるのも良いですし、一時的に使わないのであれば、賃貸に出す方法もあります。今回の、実家等を相続した場合に...
空き家手続き

空き家を処分するときに注意すること、解体費用と抵当権

一般的にマイホームを購入するときは、金融機関から借り入れをして、購入することが多いです。金融機関で借り入れをするときには、自宅を抵当に入れるため、住宅ローンを完済していない限り、購入した不動産に抵当権が付いたままになっています。不動産に抵当...
空き家手続き

空き家を放置して勧告を受けると固定資産税等の住宅用特例の対象から除外される税金が高くなる

固定資産税の住宅用特例とは土地に対する固定資産が課税される年の1月1日において、住宅やアパートなど、人が居住するための家屋の敷地として利用されている土地については特例措置があり、税金が軽減されるという制度です。 空き家を放置して管理が不十分...
空き家手続き

特定空家等に行政が行う具体的な措置とは

特定空家等に対しては、所有者の財産権を制約しますので、4つの手続きを行う必要があります。特定空家等になってしますと最悪の場合は空き家を強制的に撤去されて、費用を請求される可能性があります。今回の記事では、行政が特定空家等にどんな措置をするの...
空き家手続き

空き家に最終的に行政が行う代執行とは

ご両親が亡くなり、実家に誰も住まなくなり、相続手続きなどがスムーズに行かず、実家が管理もされず放置された場合は老朽化したりして、周辺住民に悪影響を与えることもあります。全ての空き家が対象ではありませんが、行政が指導して改善されない場合は、最...
空き家手続き

空き家の所有者と管理者の責任

実家の相続手続きが終わらずに、物件の管理をしないで空き家になり老朽化して、瓦などが落ちて通行人などに落ちてケガをさせた場合は誰が責任を負うのでしょうか。基本的には空き家の所有者は物件に対する責任を負うことになります。今回の記事では、空き家の...