2021-03

空き家手続き

空き家を放置して勧告を受けると固定資産税等の住宅用特例の対象から除外される税金が高くなる

固定資産税の住宅用特例とは土地に対する固定資産が課税される年の1月1日において、住宅やアパートなど、人が居住するための家屋の敷地として利用されている土地については特例措置があり、税金が軽減されるという制度です。 空き家を放置して管理が不十分...
空き家手続き

特定空家等に行政が行う具体的な措置とは

特定空家等に対しては、所有者の財産権を制約しますので、4つの手続きを行う必要があります。特定空家等になってしますと最悪の場合は空き家を強制的に撤去されて、費用を請求される可能性があります。今回の記事では、行政が特定空家等にどんな措置をするの...
空き家手続き

空き家に最終的に行政が行う代執行とは

ご両親が亡くなり、実家に誰も住まなくなり、相続手続きなどがスムーズに行かず、実家が管理もされず放置された場合は老朽化したりして、周辺住民に悪影響を与えることもあります。全ての空き家が対象ではありませんが、行政が指導して改善されない場合は、最...
空き家手続き

空き家の所有者と管理者の責任

実家の相続手続きが終わらずに、物件の管理をしないで空き家になり老朽化して、瓦などが落ちて通行人などに落ちてケガをさせた場合は誰が責任を負うのでしょうか。基本的には空き家の所有者は物件に対する責任を負うことになります。今回の記事では、空き家の...
空き家手続き

空家特措法とは何か空家の定義について解説していきます

相続手続きなどが未了の空き家は複数ありますが、全ての空き家が危険な状態なわけではないため、基本的には役所は行政は対応をしませんが、一定の空き家は周辺住民に悪影響を与えるため、役所が一定の指導をして、従わない場合は代執行をする可能性があります...
相続手続き

空き家にしてしまう問題点、デメリットはあるのか

相続などして、遺産分割協議で不動産を取得したが、そのまま管理をしないで、放置すると物件の状況が悪くなり、不動産の一部が腐敗して破損して、周辺住民を怪我させてしまったりして、問題が発生する可能性があります。今回の記事では、空き家にしてしまう問...
空き家手続き

空き家問題をどうすればよいのか、相続との関連性

空き家は住んでいる方が亡くなったり、住んでいた方の事情で遠方に住むことになった時に、住んでいた不動産がうまく売却できなかったり、相続手続きが上手くいかずに、相続手続きを放置してしまい空き家になってしまうことが多いです。今回の記事では、相続手...