2023-07

相続手続き

配偶者居住権と配偶者短期居住権とは、違いや要件、期間、登記、遺産分割での設定について

日本の高齢化が進む中で平均寿命が延び、夫婦の一方が亡くなった後に残された配偶者が長くご自宅で生活を継続することも多くなったことから、住み慣れた住居で生活を続けるとともに老後の生活資金として預貯金等の資産も確保したいと希望される人もいます。
相続手続き

法定相続情報証明制度で申出書を提出後の原本還付や一覧図の再交付をわかりやすく解説します

相続手続きでは、相続人を確定するため被相続人の戸籍や、相続人の戸籍や住民票などが必要です。 戸籍の束をもっていくと紛失の可能性もあり心配な場合は、この制度を活用すれば解決することができます。 申出書を提出後の手続きについて解説をします。
遺産分割手続き

遺産分割協議書とは何か書き方や捺印方法必要書類や勝手に遺産を使った相続人がいる場合

相続が発生すると、相続人を調査し相続財産を調査、遺言書の有無を確認後に相続人全員で話し合いをして、相続財産を誰に相続させるかを決めます。 遺産分割協議の内容を、書面に残したものが遺産分割協議書です。 遺産分割協議書作成について解説します。
相続手続き

法定相続情報証明制度とは必要書類 管轄 申出書 一覧図の記載例や委任状について

相続手続きでは、相続人を確定させるために市区町村役場で被相続人(亡くなった人)の出生から亡くなるまでの戸籍や、相続人の戸籍や住民票などが必要となります。遺産分割協議が完了して、相続財産の名義変更をする際に、各窓口で戸籍を持参して、相続人であ...