遺言書を書くために必要なもの、用紙、筆記用具の指定はあるのか

遺言

自筆証書遺言を書く際に必要なもの

遺言書は一定の方式で作成しなければ無効となってしまいますが、法律の要件以外で、必要なもの例えば用紙や、筆記用具に決まりはないのでしょうか。

自筆証書遺言を書く際には、用紙や筆記用具が必要となりますが、用紙や、筆記用具に法律の決まりはあるのでしょうか。

用紙に関しては、紙の大きさやなどに制限はありませんので、A4の用紙でもノートでも、便箋でも、チラシの裏でも大丈夫です。

ただし、遺言書は長い年月保管されるものと想定されますので、最低でも長い期間保管できて、遺言とわかるようにしなくてはなりません。
遺言を書いたのに気付かれないで、捨てられたら意味がありません。

筆記用具に関しても、法律上の規定はありませんが。

ボールペン、万年筆、筆、鉛筆でも大丈夫ですが、鉛筆だと後から相続人が消したり、偽造が容易なので、ボールペンなど文字が後から文字が、消せないもので記載するようにしてください。

広告

遺言書を書くときに注意すること

遺言書を書くときに法律で、縦書、横書、文字数などに制限はありませんし、無理に法律用語を書く必要はありません。

内容がわかるように、丁寧な字で書くこと、後から相続人が手続きができるように、具体的な財産を誰に遺贈するのかを記載します。

特定の財産を相続人等に遺贈したい場合は、抽象的に書かないで、具体的にどの財産かわかるように記載します。

遺言書を書く際には、標題に決まりはありませんが、標題に遺言書と記載して、誰が見ても遺言書だとわかるようにしましょう。

封筒に入れる場合も、他の書類とまとめて捨てられないように、遺言書と記載した方が良いかと思います。

自筆証書遺言に関しては、法務局で保管する自筆証書遺言以外の遺言書は後から、検認の手続きが必要となりますので、家庭裁判所の手続きが必要と記載したり、誰々に相談してくださいと記載するのも良いかと思います。

自筆証書遺言は、遺言者が亡くなった後に、家庭裁判所の検認の手続きが必要となります。
遺言書の検認を受けないと、過料に処せられる可能性もありますので注意してください。

遺言書が複数枚ある場合は、後から争いの種にならぬように、遺言書に押した印鑑で割印をしてください。

遺言を訂正する場合は、普通の訂正方法では訂正することができませんので、ご自身で遺言書を書く時は面倒ですが、書き直した方が良いかと思います。

広告

まとめ

遺言書を書く際に、用紙や筆記用具などに細かい法律の規定はありませんが、実務上気を付けなければならないことも沢山あります。

ご自身で遺言書を書く場合は、事前に知識を入れてから、書くようにしてください。

※相続・遺言手続きでご不明点がございましたら、是非当事務所に下記の問い合わせフォームからご相談ください
内容には、万全を尽くしておりますが、法改正等で内容が異なる場合がございます。ご自身でお手続きをする際は、自己責任でお願い致します。

    遺言
    行政書士青嶋事務所 新宿区歌舞伎町、NPO、相続、契約書作成
    タイトルとURLをコピーしました