契約書はなぜ作成をするのか-トラブル回避

契約書作成

契約書をなぜ作成しなくてはならないのか

皆さんは契約というと何を思い浮かべるでしょうか、日常生活では、契約書にサインをする事は少ないと思います。

法律では、一定の契約については、書面で行わなくてはなりませんが、上記以外の契約の場合には、契約書がないからといって契約自体が無効になったりはしません。

私たちが普段スーパーマーケットで食品を買うときや、飲食店を利用するときも、そのお店で契約を締結しているのですが、レジで契約書を書くことはありません。

いちいち、契約書を書いていたらレジが混んで大変なことになります。

それなら、なぜわざわざ契約書を作成しなくてはならない場面が存在するのでしょうか。

簡単にいうと、後から言った言わないを防ぎ法的なトラブルを回避してリスクを下げる事が契約を締結する上で本来重要だからです。

皆さんが契約書を交わすときは、相手方を信じているため、例えば、重要な不動産の契約でも、中身を完全に理解して署名押印している方は少なのではないでしょうか。

ですが、内容を確認せずに契約書など様々な書類にサインをすることは大変危険なのです。

契約書を交わすのは、後から言った言ってないで揉めることを防ぐために、作成すると申し上げましたが、契約書を作成しない場合、もしくは契約書を作成しても、中身を見ないでサインをする場合に、口頭で話している内容と違う場合に、約束通り相手に履行してくれと頼んでも知らないそんな約束はしていない契約書を見てくれ若しくは交わしていないため、反論できなくなってしまいます。

そして、その時に気付くのです。
ちゃんと契約を確認しておけばよかった若しくは契約書を作成しておけばよかったと。

それに相手に故意がない場合でも、お互い年月が経過すると、内容を忘れたり。
会社であれば担当が変わったりして、話がうやむやになることもあります。

そのため、日常的な買い物以外の、重要な契約(ある程度高価なものを購入するもの・内容が細かくて約束することが多い事柄)は契約書を作成して内容をきちんとお互い確認する必要があるのです。

契約書を一から作成するのは大変ですし面倒です。
そのため、面倒な手続きは相手方にやらせたくなりますが、契約書を作成できる人は法律に詳しいので、自社に有利な内容で契約をしようとします。

そのため、自分でもプロに頼むか、勉強をしてある程度内容を理解できるようになり、交渉することが大切です。

広告

まとめ

一般的に日常生活で契約書を作成したり、内容を打合せすることは少ないです。

不動産売買契約など、個人の契約でも、特に重要なものに関しては、後で言った言わないを防ぐために、契約書を作成して内容の確認をするようにしてください。

当事務所でも契約書を作成しておりますが、法律に詳しくない方にも、わかるようにこれから記事を記載して解説していきたいと思います。

よろしければ、ご覧いただけましたら幸いです。

※手続きでご不明点がございましたら、是非当事務所に下記の問い合わせフォームからご相談ください
記事の内容は一般的な内容となっており、個別具体的な案件によっては結論が異なることもございます。
そのため、ご自身でお手続きをする際は、自己責任でお願い致します。

    タイトルとURLをコピーしました