契約書の中身をきちんと確認することの重要性

ビジネスをする上で契約書の中身を確認する重要性

普段の生活で、契約書を読んだりすることは、部屋を借りたり、マイホームを購入する時くらいかもしれませんが、実は契約書を読むことはありませんが、日常的に契約をしています。

一般の方は、日常生活で契約をそんなに見る機会もないかもしれませんが、起業などして、ビジネスを始められる方は。契約書を交わすことが様々な場面で出てきます。

ビジネスを始めると、初めは営業や事務手続きなど様々な事を自分で行わなくてはなりません。

そのため、一々契約書を確認してやっていたら、他の業務ができなくなると考えて、あまり内容を確認しないで、署名押印してしまう方も、いらっしゃると思います。

ただ、相手方を信頼して内容を確認せずに署名押印して、その後問題が発生したら、契約書の内容で履行を求められてしまうことを忘れないようにしてください。

契約書を確認するのは、法律の知識などがないため、確認の仕方がわからなかったり、時間もかかりますし、不利な条項があった場合に契約の内容を変更する交渉をすることも面倒です。

そのため、一般の方はあまり内容を見ずに署名押印をして後から紛争になり、その時に後悔することになることが多いと思います。

個人であれば、不当な契約であれば、消費者契約法、特定商取引法などの法律で守られますが、個人事業主では一般の消費者でないため、法律で守られないということがあります。

そのため、ビジネスをしている人は最低限の法律の知識がないと、悪徳業者などに騙されどうしようもない状況に追い込まれることがあります。

広告

契約書があるのに契約書を確認しなくてはならない理由

契約書をチェックしたりする上で、最低限の法律の知識は必要だと思いますが、契約書は、契約当事者が遵守する事項を決めるものです。

そのため、ある程度は、法律知識がなくても理解できることが多いです。

法律の知識がなくとも、契約書をチェックする上で、最低でも自分が何をしなくてはならないのかを理解する必要があります。

ご自身で法律を勉強することが大変であれば、お金を支払い行政書士ななどの専門家に契約書を外注して確認してもらうことも時間の節約になるかもしれません。

広告

まとめ

起業をすると、今まであまり接する事のない、様々な書類を確認したり作成することになりますが、内容を理解するのも時間がかかるし、どこを見たらよいかわからないため、つい後回しにして、追い込まれてしまうことがあるかと思います。

お互い信頼関係があるときは、相手を疑いたくないため、内容を見ないでサインしてしまう人もいます。

ただ、悪徳業者は後から内容を確認していないことが原因で、自分が思っても見なかった事をしてくれと相手方から請求される事があります。

そのため、ご自身で内容を確認する時間が取れない場合には、外部の専門家に相談してください。

※手続きでご不明点がございましたら、是非当事務所に下記の問い合わせフォームからご相談ください
記事の内容は一般的な内容となっており、個別具体的な案件によっては結論が異なることもございます。
そのため、ご自身でお手続きをする際は、自己責任でお願い致します。