内容証明郵便とはどういったメリットがあるのか

個人の方であれば、お金を貸して返済期限になっても返済されない場合など最終的には、訴訟で解決をするしかありません。
ただ、訴訟には費用と時間がかかるため、訴訟以外の方法で解決できれば、一番良い方法かと思います。

当事務所では、他にも役立つ情報を公開しております。
宜しければご覧いただければ幸いです。
中小企業が債権を回収するためには、どうすれば良いのか内容証明、公正証書の活用
内容証明郵便の作成方法と書き方の解説
公証役場とは役割など

広告

相手に履行を促すうえで有効な内容証明郵便とは

お金の貸し借りや日々の取引で、相手方がお金を返してくれなかったり、取引先が代金を支払ってくれなかったりすることがあります。
そういった場合は相手方に、契約内容の履行を請求します。

請求の方法はいくつかありますが、郵便を送り、相手に請求する場合、普通郵便でなく、書留などで配達記録を残す事は、会社で行うと思いますが、普通郵便や書留では、郵便物の引き受けから、配達までの記録は証明することができますが、どんな中身を送ったかは証明することができません。
内容証明郵便は、郵便物の内容について証明をするため、誰がいつどんな内容の郵便を誰に送ったかを、郵便局に証明をしてもらう制度なのです。

内容証明郵便で送れば、上記の事が証明できるため、裁判になった際にもその内容が証拠となります。

広告

内容証明を送るメリット

内容証明郵便を送るメリットはいくつかありますが、記載事項が後々訴訟を提起したときに証拠となることと、相手に心理的圧迫を与える事ができるところです。

通常の郵便とは違う内容証明郵便を相手方に送ることで訴訟を行う可能性もあることがわかり、相手方が任意で支払いをしてくれる事が期待されます。

そのため、証拠が揃っていて単に相手方が支払いをしない場合であれば、内容証明郵便を送るだけでも効果があるかと思います。

他にも消滅時効の援用のために使ったり、クーリングオフによる契約の解除、損害賠償の請求、取引をした代金の未払いの督促、お金を貸していて返済されていない場合など、活用する場面は様々です。

広告

まとめ

一般の方が内容証明郵便を送ったり、送られたりすることはないかと思いますが、お金を貸していて相手が期日に支払わなかったり、取引先が代金を支払ってくれなかったりした場合に内容証明郵便を活用して支払請求をすることにより、心理的圧迫を加えて相手方が任意に支払いをすることなどにメリットがありますし、クーリングオフなどの契約を解除をするときに内容証明郵便を使うことによって証明ができます。

内容証明郵便は強制力はありませんが、訴訟以外の解決法として場合によっては、有効である場合もありますのでご検討ください。

※手続きでご不明点がございましたら、是非当事務所に下記の問い合わせフォームからご相談ください
記事の内容は一般的な内容となっており、個別具体的な案件によっては結論が異なることもございます。
そのため、ご自身でお手続きをする際は、自己責任でお願い致します。