建設業

建設業

建設業許可の更新に影響する?決算変更届の提出方法と注意点

建設業許可取得後は毎年、決算変更届を提出しましょう。決算届出を提出していない場合は、建設業許可更新をすることができません。この記事では、決算変更届の提出方法や期限、注意点などを詳しく解説します。
建設業

建設業法に規定されている附帯工事とは考え方や請け負って良い金額について解説しました

無許可業者が請け負うことができる工事は、500万円未満の軽微な建設工事と附帯工事です。建設業許可は、業種ごとに取得するため、許可を取得している業種以外の工事をする際には、無許可業者と同じように500万円以上の工事をすることはできませんが、附...
建設業

建設業を辞める時に知っておきたい!行政書士が解説する手順と注意事項

建設業許可の廃業手続きについて詳しく知りたいですか?この記事では、手続きの流れから必要な書類、注意点まで、一歩一歩丁寧に解説しています。廃業を考えている建設業者の方、またはこれから建設業を始める方にとって、必見の内容となっています。ぜひご覧ください。
建設業

建設業者が営業所に保存する義務がある帳簿の記載事項と営業に関する図書

建設業を営むものは、会計帳簿とは別に、営業所ごとに営業に関することを記載した帳簿を備えなくてはなりません。立入検査のときに、帳簿を求められることもありますので、きちんと作成するようにしてください。今回は、建設業法で求められる帳簿や営業に関す...
建設業

建設業法を違反した時の罰則と監督処分と違反事例

建設業を営むには、建設業法を守らなくてはなりません。建設業許可を取得していない会社が、許可が必要な工事をすると逮捕される可能性もあります。そのため、建設業を営むときは、法令を遵守する必要があります。今回の記事では、建設業法に違反した場合の罰...
建設業

リフォーム工事の種類と取得する建設業許可に必要な業種判断について解説します

建設業許可を取得していない、会社は軽微な工事しかすることができません。建設業許可を取得するには29業種がある業種ごとに許可を取得しなくてはなりません。別の業種で建設業許可を取得していても、許可を取得していない業種に関しては軽微な工事のみしか...
建設業

監督員又は現場代理人とは誰の代理なのか建設業法の決まりと主任技術者や監理技術者との兼務

建設業法の規定はありませが、契約書に定めることによって監督員又は現場代理人を設置する事ができます。主任技術者や監理技術者の場合は法律で設置が求められていますが、監督員や現場代理人は契約書に記載することで設置できます。今回の記事では、監督員と...
建設業

建設業で元請業者が下請に出す際の注意点とは下請契約と丸投げの禁止と工事の検査とやり直し

建設業では注文者から直接依頼を受ける会社を元請人といい、元請負人から注文を受けて仕事を受注するものを下請人といいます。建設業では下請業者がさらに別の業者に下請けに出すこともあります。下請人に仕事を依頼するときには、法律で規制されている事もあ...
建設業

建設業の見積もり作成期限と請負契約書の記載事項と印紙の金額

建設業でない取引でも同じだと思いますが、建設工事の受注の流れとして仕事の依頼を受けお客様に見積書を作成して送り、相手方がそれを承諾して契約書を作成してお互い署名押印をして取引をします。建設業の取引でも見積もりを作成してから、請負契約書を作成...
建設業

主任技術者と監理技術者とは違い資格や専任技術者との兼任や専任性についてわかりやすく解説します

建設業法では、建設工事の適正な施工を確保するために、工事現場における建設工事の技術上の監理をつかさどる者として設置することを求められます。専任技術者と主任技術者を混同してしまうかもしれませんが、専任技術者は営業所に常勤している技術面の専門家...