事業承継とは会社を後継者に引き継ぐ方法

会社を経営されている方の遺言の作成や相続手続きで事前に準備をしない場合は、法律上の相続分にしたがい相続手続きをする必要があります。
事前に後継者など対策をせずにいきなり、相続人が経営者になると相続人が準備のしないで会社を継ぐことになり、大変な思いをします。
今回の記事では、事業承継とは後継者に会社を引き継ぐにはどうすれば良いのかについて解説していきたいと思います。
誰に会社を継がせればいいのか、後継者探し
事業承継の具体的な準備のやり方財産の把握(不動産)

広告

事業承継をなぜするのか

働く人々

事業承継とは、会社を継ぐ後継者を決めて、経営を後継者にバトンタッチして会社を継続していくことです。
後継者に承継するものは「不動産、機械設備、工場などの有形資産と、株式や特許、ノウハウなどの無形資産、財産的な評価が困難な役員や従業員などの人的資産」です。

事業承継をなぜするのか

悩む女性

創業者は、自己資金や借り入れによって会社を設立し、事業に必要な資産や取引先、ノウハウなどを一つ一つ積み上げて、多くの時間を費やした、会社を残したいのではないでしょうか。
人間には寿命がありますので、創業者が、会社を永遠に継続することはできませんし、一人の経営者ができる事には、限界があるため、生前に会社を後継者に引き継ぎ、更なるビジネスの成長を目指すために事業を承継する必要があると考えます。

広告

事業承継する具体的なものは

事業承継は、前述したように自分の会社を後継者に承継することですが、単に株式などの財産を引き継ぐことではありません。
経営者の方で、あればわかるかと思いますが、ただ財産を承継しても会社は、回っていかないのです。
後継者を事前に育成して、自社の強みやノウハウを承継して、初めて次世代に事業を承継したといえるのではないでしょうか。

経営権の承継

経営権の承継とは、後継者へ経営権を承継することです。
経営権の承継は、中小企業の事業承継で、最も重要なことだと思います。
経営権を承継するには、現在の経営者が現役の時に、後継者候補を育てる必要があります。
まず、後継者を育ててから、その後の資産や知的資産の引き継ぎを行います。
後継者を育てるのに、一般的に5年から10年以上はかかります。

資産の承継

資産の承継とは、事業資金や設備、不動産、株式など、事業運営に必要な資産を後継者に引き継ぐことをいいます。
基本的に法人であれば、財産は会社に帰属していますので、自社株式を承継さることが、資産の承継だと考えてください。
個人事業主の場合は、資産ごとに、移転手続きが必要になります。
自社株のやりとりは、税金の問題がありますので、税理士と一緒に手続きを行います。

知的資産の承継

知的資産とは、取引先との付き合い、会社ブランド、特許などの技術や会社のノウハウなど、他社との競争に必要な会社の知識や知恵を承継することです。
経営者がいる時に、書面などで会社の知恵、工夫、経験をマニュアルとして残すことがとても大切です。

広告

まとめ

会社を継続するためには、沢山の時間と労力を費やしたのだと思います。
事業承継も、創業の時と同じように沢山の時間と労力を費やしますが、会社を継続するうえでとても大切です。
きちんと、経営者の育成や、知的資産の承継をしないと会社が回らなくなってしまいます。
日々の業務に加えて、事業承継のために時間を費やすのはとても大変だと思いますが、会社の未来のために、創業時と同じように時間と労力を費やす必要があります。

※事業承継などの手続きでご不明点がございましたら、是非当事務所に下記の問い合わせフォームからご相談ください
内容には、万全を尽くしておりますが、法改正等で内容が異なる場合がございます。ご自身でお手続きをする際は、自己責任でお願い致します。

お問い合わせください

法的な手続きには期限があるものが多くあります。
お客様の中には、相談することを迷っている間に期限が切れてしまい手続きがスムーズに進まないケースが存在しております。
当事務所では、お客様が気軽に相談できるよう初回相談料はいただいておりません。
お気軽に問い合わせフォームからお問い合わせください。
行政書士が親身に対応させていただきます。