第三者に会社を売却M&Aとはメリット、デメリットやり方

第三者に事業を譲渡する場合M&Aのやり方

親族や役員、従業員や取引先や金融機関から良い人材の紹介がない場合は会社を、同業他社などに売却する方法があります。

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略称で、合併と買収という意味です。

手続きとして、親族や、役員、従業員への承継と大きく変わりませんが、同業他社などに株式を売買して、株式を移転し会社を売却します。

相手方が会社を購入した後は、子会社化したり合併したり、事業譲渡を行います。

相手方のメリットとして、購入した会社は、エリアが違う場合には、新たな市場を獲得でき、新規でそのエリアを開拓するより、時間とコストを節約できる可能性もあります。
詳しいメリット、デメリットは下記で解説していきます。

広告

M&Aのメリットとデメリット

M&Aをする際のメリットとして、主に3点あります。

メリット

1.後継者を様々な企業から選ぶことができる

身内に後継者候補がいない場合は、他の企業から優秀な人材や経営者を選ぶことができ、適切な買い手を選ぶことができれば、後継者の育成や、従業員の心配もしなくてもよい。

2.相続の問題が発生しにくい

現経営者が亡くなると相続が発生して、株の帰属先や次の経営者を誰にするかで、親族同士で揉める事がありますが、M&Aをしたら、自社の株を売却しているため、次の後継者を選ぶ権利がありませんし、株式を売却した後に現金などが残るため、仮に揉めたとしても、現金を分割すればよいので、会社の経営には支障がでません。

3.会社を売却することで現金が手に入る

会社の株式を売却すると、金銭的対価を取得することになりますので、現経営者の負債や老後の資金を得ることができます。

M&Aのデメリットは主に2点あります。

デメリット

1.買い手にとって魅力がないと、売却できない

M&Aは会社を売却する手続きのため、買い手がいないと売却することもできません。

会社に殆ど財産がなく、借り入れが多い会社だと、第三者が魅力に感じないことがあり、結果売却ができないこともあります。

2.M&Aによって経営権を失う

M&Aをすると基本的に現経営者は会社を退くため、経営に参加できなくなります。

そのため、喪失感が大きくなり、生きがいを失ってしまうこともあります。

(購入先の会社が認めれば、取締役などで、会社に残れる可能性もあります)

広告

M&Aのやり方

M&Aには主に4つのやり方があります。

1.株式の売却

現経営者の保有している株式を他社に売却します。

2.株式の交換

株式交換とは他社に自社の株式を取得させ、自社をその会社の完全子会社にする手続きです。(対価は、現金や交換した会社の株式などです)

3.会社の合併など

2つの会社を1つの会社にすることをいいます。

少し難しいので詳しい説明は後日別のブログで行います。

4.事業譲渡

会社の事業を売却する方法です。会社の事業の一部だけの売却なども可能であり、契約書で合意することによって、債務などを譲渡の範囲から切り離すことなど柔軟に対応ができます。

広告

まとめ

M&Aは会社を売却する手続きのため、株式を売買すれば現経営者は金銭的対価を得ることができ、借り入れだけでなく、老後の資金も得ることが可能です。

ただし、会社を売却する喪失感などもあり売却はよく検討しなくてはなりません。

※事業承継の手続きでご不明点がございましたら、是非当事務所に下記の問い合わせフォームからご相談ください
内容には、万全を尽くしておりますが、法改正等で内容が異なる場合がございます。ご自身でお手続きをする際は、自己責任でお願い致します。