事業承継

会社を親族や第三者に承継する場合どうしたらよいのか、行政書士が詳しく解説しております。有益な情報ばかりですので、ご覧いただければ幸いです。

事業承継

財務状況と株主の確認をして事業承継をスムーズに行う

会社の財務状況などを確認する 事業承継をする際に、自社の財産や株主構成を確認する必要があります。 特に第三者に会社を譲渡する際には、決算書などの資料を第三者に見せることもあるので、会社を譲渡する前に、財務体質を改善しておく必要...
中小企業支援

事業承継の具体的な準備のやり方財産の把握(不動産)

事業承継の具体的な準備 事業承継をするためには、様々な準備を行わなくてはなりませんが、まず外部の専門家などに承継状況に相談を行ってください。不動産や株の譲渡には税金が関係するので税理士、許認可の申請や具体的な書類作成は行政書士に合併...
事業承継

事業承継をするとき金融機関との関係はどうすれば良いのか

金融機関との関係をどうすれば良いのか 会社が事業を行うときは、多額の資金が必要となるため、一般的に金融機関から借り入れを行い、事業をしているかと思います。 そのため、事業を継続する際には、金融機関との関係性がとても大事で、後継...
中小企業支援

第三者に会社を売却M&Aとはメリット、デメリットやり方

第三者に事業を譲渡する場合M&Aのやり方 親族や役員、従業員や取引先や金融機関から良い人材の紹介がない場合は会社を、同業他社などに売却する方法があります。 M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略称で...
中小企業支援

事業承継をする取引先に会社を任せる方法

親族・役員・従業員に適任者がいなくて困ったときどうする 親族や役員や従業員が会社を継がないとき、又は適任者がいないときは、社外の適任者を探す方法があります。 例えば、いつも取引している金融機関の紹介を受けたり、取引先から人材を...
中小企業支援

子供が会社を継がない場合は、役員・従業員に会社を継がせるやり方

子供が会社を継がない場合に会社はどうなる 少子高齢化が進む中で、子供が会社を継がないため、会社をどうすれば良いのかわからないと相談を受けることがあります。 日本では長く、会社は、子供が継ぐものとされていましたが、現在多様な価値...
中小企業支援

親族に会社を譲る場合はどうするのか 事業承継の方法

親族内承継をするには 親族内承継とは、現在の経営者の子供や孫などに事業を任せることです。 株式会社で親族に事業を承継する方法は主に、相続による承継、生前贈与による承継があります。 相続による承継 現経営者が亡くなっ...
中小企業支援

誰に会社を継がせればいいのか、後継者探し

後継者を誰にすればよいのか 中小企業の事業承継は、親から子供へといった親族での承継が殆どですが、事業の引き継ぎは、必ず親族というわけではなく、様々な選択肢があります。 役員、従業員、外部の第三者に事業を引き継ぐ方法もあります。...
中小企業支援

事業承継とは会社を後継者に引き継ぐもの方法

事業承継をなぜするのか 事業承継とは、会社を継ぐ後継者を決めて、経営を後継者にバトンタッチして会社を継続していくことです。 後継者に承継するものは「不動産、機械設備、工場などの有形資産と、株式や特許、ノウハウなどの無形資産、財...
タイトルとURLをコピーしました